#せとうち島グルメ 『江田島①』

いよいよ夏本番! この時季、無性に足が向いてしまう場所と言えば、やっぱり島。

橋を渡る瞬間のあの爽快感、船に揺られながら向かうあの高揚感。

そしてその先に待つ、島ならではのおいしいグルメ!

 気軽に行けるのに、特別なひとときを過ごせるのが島の魅力なのです。

ここでしか出会えないご馳走と景色を求めて、ちょっと島までプチトリップしませんか?

押さえておきたい! 新顔スポット #江田島

オリーブの島として認知されるべく島をあげて普及活動を行ったり、若者が多く移住してきたりと、昨今動きが活発である江田島。

それもあってか、ここ数年で多彩なジャンルの新店が続々オープンし、今後もますます盛り上がりを見せそうな予感大だ。

この一年以内にも、しらすを看板メニューにした店や、目の前に海が広がる食事処、家族が営む海辺カフェといった顔ぶれが仲間入り。

各店の個性を楽しみながら、のんびりと巡ってみては?


新鮮な島産のしらすをいろんなメニューで存分に!

江田島市で海産物販売や加工を行う『山本海産』の娘、江利子さんが6月に開いたばかり。


「この島らしいものを食べてもらえる店に」との想いから、実家で獲れる〝しらす〞を看板メニューにした。


かまあげや生がたっぷりとのった2種のしらす丼をはじめ、しらす入りの厚焼きたまごやだし茶漬けなどを用意。


さらにしらす丼にかける醤油は地元『濵口醤油』のものを、野菜もできるだけ島産を使用するなど、〝地産地消〞にこだわる。


現在は夜営業のみだが、9月からはランチも開始予定。


昼からしらす丼が味わえるようになるのでお楽しみに!

生しらす丼 800円

水揚げされたばかりの生しらすは、甘みあるだし醤油との相性抜群。

たまごの黄味をつぶして絡めながら味わうべし。

旬の時季限定。

かまあげしらす丼 800円

しらす丼とは違い、一年中味わえる。

生とはまた異なる、やわらかな食感をじっくりと堪能しよう。

っぱりした味わいの牛タンのローストビーフ900円をはじめ、熟成牛イチボ700円などの肉メニューも豊富。

てくてく(左)1杯600円 島の香(300ml/右)600円

江田島産サツマイモ〈紅はるか〉を使った芋焼酎〈てくてく〉と、地元『津田酒造』が作った日本酒〈島の香〉を、料理のお供に。

Other menu

らすとネギの厚焼きたまご 400円

しらすのだし茶漬け 600円

沖縄スモークレバー 500円

たちまち小鉢 300円

店主の山本江利子さん。

カウンターの中にあるオープンキッチンに立ち、一人で料理を担当している。

座り心地の良いソファーが配された、カフェのような店内。

「ゆっくりまったりしてもらえたら」と店主。


Shirasuyae’s(シラスヤ イーズ)

広島県江田島市能美町中町4941-1

電話番号:0823-36-6621

営業時間:18:00~24:00

定休日:日・月

駐車場:6台

ウインク広島版8月号掲載

0コメント

  • 1000 / 1000